大衆娯楽研究所(仮)

ドラクエ10を中心にゲームの話題です。隙間の時間にまったりどうぞ!

平成最後に行った場所【不思議の魔塔】

 

このGWに世界一高いタワーとして名高い「東京スカイツリー」に足を運ぶ人も多いでしょう。

 

わたくしも、負けじと平成の最後にタワーに行ってまいりました!

 

不思議の魔塔

f:id:tc190306_4956:20190430202457p:plain

もしかしたら、「不思議の魔塔」という単語を聞いて頭痛がしてくる人もいるかもしれないwトルネコの大冒険のような不思議なダンジョンシリーズを想像していた人も多く、実装前はかなり期待されていたコンテンツだった。

 

じかし、実際は…。

 

 

まだやってない人もいるかもしれませんけど、はっきり言いますよ!

 

数回やったらすぐ飽きます!!www

 

ゲーム性が極めて単調で、毎回同じ事の繰り返しなんですよね。月に1回報酬の「フェザーチップ」の更新がある為、嫌々やっていた人も多いはず。

 

ただ、銀フェザーチップで交換できるアイテムが追加されているようなので、各種アクセサリーが完成していない人は月に1回でいいので、やった方がお得です。

※更新日は毎月1日です。

 

f:id:tc190306_4956:20190430203925p:plain

特に召喚札系のアクセは、持寄りで消火してアクセを作るのが今となっては困難なのでここで揃えた方がいいかも。「金のロザリオ」は必須アクセですし、「風雷のいんろう」なんかは作っておくと便利です。

 

さあ!塔に登ろう!!

f:id:tc190306_4956:20190430204405p:plain

サポート仲間で気楽にいけるので、サクッとできます。

 

自分はバトルマスターで行くのが無難かな。

f:id:tc190306_4956:20190430204624p:plain

最初にスキルポイントが100貰えるので、片手剣に全部振って「ギガスラッシュ」を覚えておきます。

 

f:id:tc190306_4956:20190430204856p:plain

片手剣の二刀流です。

アクセサリーは拾った物を、次回の魔塔でも持ち越しができます。なので、有用なアクセサリーを拾ったら装備して持ち越せるようにしておきましょう。HPとMPが増える錬金効果が付いてるのがいいですね。

 

武器と防具は、持ち越し不可なので正直なんでもいいですw

魔塔でのバトマスの主力攻撃が「ギガスラッシュ」と「ギガブレイク」なので、攻撃力とかあんまり関係ないんですよね。

 

f:id:tc190306_4956:20190430205358p:plain

塔の中はこんな感じです。

少し見ずらいですが、左のマップの

「赤い点」 :この階のキーモンスター。倒さないと、次の階に行けない。

「水色の点」:通常モンスター。無視してOK

「白の魔法陣」:HPとMPを全回復

「青の魔法陣」:装備が取れる

「緑の魔法陣」:装備の強化や交換ができる

「赤の魔法陣」:モンスターとのバトル。勝つとアクセサリーが貰える

 

ある程度アクセサリーが揃っている人は、「赤い点」のキーモンスター以外全部無視して大丈夫です。アクセサリーが欲しい人は、「赤の魔法陣」だけは起動しましょう。

 

魔塔での戦闘

序盤は「ギガスラッシュ」連打でOKです(MPと要相談)。

 

LVが上がったら、

片手剣のスキルポイント140のギガブレイクととうこんのスキルポイント4の「とうこんうち」を覚えさせます。後半は、敵のHPも高くなっていきますので、「とうこんうち」でテンションを上げた後に「ギガブレイク」。

f:id:tc190306_4956:20190430210809p:plain

こんな感じです。テンション50くらいまで行けば、ほぼ一掃できます。

 

塔の4階、9階、14階、19階でボスとの戦闘になりますが、ボス戦でも上記の戦い方で大丈夫です。唯一、苦戦するとすればこいつかな?

f:id:tc190306_4956:20190430211434p:plain

サポートはジャンプ行動をしないので、「ヒップインパクト」で壊滅の可能性があります。

 

順調にいけば、45分程度で終わると思います。

 

月に1回やればいいので、歯を食いしばって頑張りましょうwww

 

 



このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO