大衆娯楽研究所(仮)

ドラクエ10を中心にゲームの話題です。隙間の時間にまったりどうぞ!

【弱くてニューゲーム】ストーリースキップ機能を使ってみた感想などなど【ドラクエ10】

魔族になりました!

f:id:tc190306_4956:20191028100205p:plain

まるで変化なし…

かなしいなぁ

 

人気ブログランキングはこちらから

 

ストーリースキップ機能使ってみた!

バージョン5からの新しい機能として「ストーリースキップ」があります。新規作成キャラに限りバージョン1~4のストーリーをすっ飛ばして最新ストーリーからゲームが出来るというものです。

 

早速作ってみた

f:id:tc190306_4956:20191028100700p:plain

新規で冒険の書を作成する際に、こんなメッセージがでて…。キャラメイクをすれば完成です。

f:id:tc190306_4956:20191028100622p:plain

種族はオーガを選択したので、スタートの村は「ランガーオ村」でした。

f:id:tc190306_4956:20191028100858p:plain

アンルシアから手紙が来ているので、本当にバージョン5のストーリーから始められるようです。

 

【初期のキャラの仕様】

 ・サポート仲間(LV29)が雇用されている

 ・エンゼル帽を強制的にかぶることになる

 ・ストーリー報酬のアイテムを持っている

 ・キャラのLVは1

 ・所持金0

f:id:tc190306_4956:20191028101139p:plain

 

【ルーラストーン】

f:id:tc190306_4956:20191028101256p:plain

バージョン5のストーリーがすぐ開始出来るように「キラキラ大風車塔の石」を持っている。ランガーオとグレンの石は選んだ種族によって変わるようです。

 

【出来ること】

 ・ドルボードを持っている

 ・鉄道にも乗れて5大陸全て回れる

 ・酒場、コンシェルジェのクエはクリア済み

 

・錬金窯が使える

f:id:tc190306_4956:20191028101648p:plain

 

・王家の迷宮が出来る

f:id:tc190306_4956:20191028101711p:plain

 

・バトルルネッサンスが出来る

これ実装前に話題になってたやつですね。キャラ作成と削除を繰り返して金策になるのではないか?って。

※クエストをクリアする必要があります。

f:id:tc190306_4956:20191028101957p:plain

試しに2垢で動かして「黄金の花びら10枚」のところまでやってみました。ここまでかかった時間はキャラ作成から50分くらい。慣れたらもっと時間は短縮できると思います。これだけで100万Gですから、そこそこおいしい金策と言えますがただただめんどくさいんですよ…。キャラ削除を繰り返すのも、なんか抵抗あるしなぁ。

 

感想

ここまで書いてきたのが、いわゆるこの「ストーリースキップ機能」を利用した際のメリットの部分ではあると思う。でも当初の想像通りで圧倒的にサブキャラ向きなんですよ。

 

確かに、いきなり最新ストーリーから出来るんですが「LV1の装備もアクセも揃ってないキャラ」と「LV29のサポ」で何が出来るのかと…。ストーリーを進めてみたものの、当然最初のボスが倒せませんから魔界にも行けないですしね。

 

結局、フレンドや自分の別キャラの助けが必須なので、完全な新規ユーザー向けではないってことになります。

 

なので実際に触ってみても、実装前と考えは変わりませんでした。

 

本当の新規の人は使わない方がいい!

 

メリットよりデメリットの方が大きいなと感じましたし、どうせLV上げやら転職クエやらを最初からやらないといけないわけですからね。過去のストーリーが気になった場合にプレイ不可なのも痛いですよね(映写機で見れるけど)。

 

これからサブキャラを作ってみようって人はいいかもしれませんね。職人キャラやキラマラ用のキャラなら別にLV上げなくてもいいわけですしね。

 

新規の方で、このサービスを使ってみようかなって考えてる方!よ~く考えてから利用することをオススメします。わたしは純粋に最初からやって、同じ進行具合の人達とフレンドになったりして遊んだ方が楽しいと思うなぁ。

 

他の人気ブログもチェック!

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO