大衆娯楽研究所(仮)

ドラクエ10を中心にゲームの話題です。隙間の時間にまったりどうぞ!

ふくびきから学ぶ確率のお話【ドラクエ10】

皆さま今回のドラゴンのふくびきはどうだったでしょうか?

わたしは、サブキャラも含め3,000枚程度ふくびきをして、何故か帝国三将軍よりもドラゴンの方が多く当たるというミラクルを起こしました!

 

あ、なんか自慢になってすみません…

 

ドラクエ10ブログランキングはコチラ

 

確率のお話

f:id:tc190306_4956:20191125080908p:plain

ふくびきに限らずゲームというものは確率の塊の遊びです。

 ・敵の攻撃をかわす確率

 ・日討伐に4万依頼が来る確率

 ・白宝箱がドロップする確率

などなど

普段意識はしないけど確率抽選されて遊んでいます。

 

意識したところで変わらんしね…

 

ただ、今回のドラゴンコイン目当てのふくびきとかになると、急にこの確率的なものを意識しだす人が増えてくる。まあ、明確に運営から確率も発表されてますしね。

 

となると、ネット上でちらほら見かけるのが

「〇〇枚ふくびきしたのに、1等が当たらなかった!インチキだ!」等の謎の言葉。

 

「1等が当たりにくいアカウントがある」とか

「表記されている確率はウソだ」とか

そんな陰謀めいた事を言っても仕方ないので、確率論の観点から真面目に考えてみます。

 

今回のオーグリードふくびきを例に…

f:id:tc190306_4956:20191125181216j:plain
運営さんが明記している確率は上記の通りです。

チャンスモードを考えると少しややこしくなるので、まずはチャンスモード抜きで考えてみます。

 

ドラゴンコインの当選確率は0.16%

分数に直すと「1/625(0.0016)」となります。

ドラクエ10のふくびきもパチンコなどのように、完全確率で抽選されているとして、ふくびき枚数別にドラゴンコインが当たらない確率を算出してみます。

 

例)1,000枚ふくびきをして1個もドラゴンが当たらない確率

当選割合が「1/625(0.0016)」なので、非当選割合は「624/625(0.9984)」。1,000枚で1個も当たらないということは「624/625(0.9984)」を1,000回連続しているということです。

 

「624/625(0.9984)」を1,000乗すると、0.201638。

0.201638×100=20.1638%

 

なので、約20%の人は1,000枚ふくびきしても1個もドラゴンコインが当たりません。

 

■ふくびき枚数別まとめ

ふくびき枚数 ドラゴン非当選確率 ドラゴン非当選確率
(チャンスモード含む)
100枚 85.2% 82.6%
300枚 61.9% 56.4%
500枚 44.9% 38.5%
1,000枚 20.2% 14.8%
2,000枚 4.07% 2.20%
5,000枚 0.03% 0.007%
10,000枚 0.00001% 0.0000005%

10回に1回チャンスモードが発動すると仮定したパターンも含めて算出してみました。オーグリード大陸のふくびきの場合だと、表の右側の数値が現実に近しいものかと思います。

 

さすがに、10,000枚ふくびきしてドラゴンコイン0枚ってのは考えにくい確率ですが、1,000枚程度だと当たらない人はそこそこ居そうですね。

 

まあ、こんなもんを知ったところで当選確率が上がるわけじゃないですし、当たったらラッキーくらいのスタンスで楽しむのがいいと思います。

 

わたしのフレは毎回グレンの777丁目でふくびきをしています。気持ちだけでも当選率を上げるとかなんとか…。ふくびきはいろいろな人間模様が垣間見えて楽しいです。

 

他の人気ブログもチェック!

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO