大衆娯楽研究所

ドラクエ10を中心にゲームの話題です。隙間の時間にまったりどうぞ!

【魔因細胞のかけら】ドロップの仕組みを考察!現物もドロップしたよ!【ドラクエ10】

ひたすら魔因細胞のかけらを拾う

f:id:tc190306_4956:20200131175306p:plain

アップデート後、ストーリーもやらずに魔因細胞のかけらを追い求めておりました。この輝晶獣関連は各所で話題になってるみたいですが、実はわたくしこのシステムに肯定的だったりもする。

 

いろいろと問題点もありますけどね…

 

まあ、それは置いておいて…

2日間(計4時間)狩ってみて見えて来たものを書き連ねてみる。

 

読む前に押してくれると嬉しいです!

 

魔因細胞のかけらドロップの仕組みは?

まずは、2日間のドロップの結果から

■討伐モンスターの種類と討伐数

モンスター名 討伐数
ランタンこぞう 1,749
もみじこぞう・強 509
モーモン・強 322
キメラ・強 133
合計 2,713

 

■魔因細胞のドロップ率

素材名 個数 ドロップ率
魔因細胞(現物) 1 0.037%
魔因細胞のかけら 49 1.80%

 

凄く確率は低いですが魔因細胞の現物のドロップもありました。 

f:id:tc190306_4956:20200131180648p:plain

出た瞬間はモニターの前で変な声を出してしまいました(笑)

まあ、これ見てもらうと分かるんですが全体的に凄くドロップ率が低いんですよね。魔因細胞のかけらよりも白箱の方が多く出るくらいの確率です。体感的にはゲノミーの出現率と同じくらいかなぁ。

 

レベル上げが終わったら一気にモチベ下がりそうですわ

 

 

 

仕組みはどうなっている?

●モンスター1体ごとでドロップ判定

同時に2つドロップする事もあったので、モンスター1体ごとでの判定は間違いないと思われます。

 

●レアドロ効果が有効?

魔因細胞のかけらをドロップする際にレア箱で出現するので、2日目にレアドロ2.5のサポート雇って2時間狩ってみました。しかし、目に見えて変化が体感できる程ではありませんでした。元のドロップ率が低く体感しずらいってのもありそうなので更なる検証が必要かな。

 

●モンスターの強さに依存する?

なんとも言えませんが、関係ないような気がする。ギガンテス・強も30体くらい狩りましたけど1個もドロップしませんでしたし…。

 

なので、現状だと

 ・1回のエンカウントで多く出現する

 ・簡単に倒すことが出来る

ってのが効率がいいのかと思います。

ただ、モーモン・強とかキメラ・強とかさっぱりドロップしなかったので、モンスターの種類によっても差があるのかなぁ。これも要検証ですな。

 

最後に

冒頭でも書きましたが、実は輝晶獣のシステムには肯定的です。

個人的には輝晶獣は「やり込み」の一種だと思っているし、のんびり挑戦して欲しいっていう運営さんからのメッセージだと超ポジティブに解釈しています。

 

結局のところ問題になっている原因はかけらのドロップ率のせい。これが竜牙石のようなドロップ率なのであれば、現在の問題の多くは解決すると思いますが、その分コンテンツの寿命は著しく短くなってしまうしね。

 

この手のレアポップモンスターは、他のゲームでは珍しくない仕組みなので、今回の仕様もそこまでマゾいとも思わないけど、現状のドラクエ10ユーザーに受け入れられるか?って言われると難しい気もします。

 

緩和するならかけらのドロップ率の上昇がいいのかな?

 

魔因細胞の価格もどんどん下落してますし、もう少し様子を見てもいいかなと。まあ、今後の運営さんの対応に注目ですね。課金アイテムで解決するような事はして欲しくないとは思うけど…。

 

他の人気ブログもチェック~♪