大衆娯楽研究所(仮)

ドラクエ10を中心にゲームの話題です。隙間の時間にまったりどうぞ!

降臨する聖守護者『レギルラッゾ&ローガスト』

f:id:tc190306_4956:20190318205734p:plain


まずは、この画像から

f:id:tc190306_4956:20190318204936p:plain

チムクエで聖守護者くるんですねぇ。常闇は見たことあったけど、これは始めて!まあ、期限切れなんですがねw

 

で、更新したらこれ

f:id:tc190306_4956:20190318205132p:plain

今度はレグナードかよwやたらと、強敵を押してくるな…。

 

う~ん、フレもチムも誰もINしてないんだけど…

 

しかも、強さⅣだし…

 

無理やんけ…

 

なのでここで、少しだけ聖守護者について考えてみる。

 

f:id:tc190306_4956:20190318205734p:plain f:id:tc190306_4956:20190318205756p:plain

※注 ギリギリで両方とも最強を倒せた程度の人間の感想です。

 

聖守護者の闘戦記は、現在ドラクエ10では最強のボスと戦うハイエンドバトルとして導入されました。どちらの守護者も、初日の1ですら阿鼻叫喚の地獄絵図だったことを記憶しています。

 

まず、アストルティアへの経済影響を考えると、第1弾のレギロ―の方が大きかったように思えます。戦士構成からキメパン構成へと移行するにあたり、装備の需要が大きく変化したこと。戦闘でもMP消費も激しく、エルフの飲み薬が必須となり高騰したこと。今まで、需要の低かった「クルーガー」が必要になり、裁縫職人のわたくしは荒稼ぎしましたw

 

スコルパイドはゼルメアで毒装備さえ取ってしまえば、装備を揃える際にはそこまでのゴールドはかからなかったように思います。道具やる人は、しずく代がかかるでしょうけど…。

 

バザーが動くということは、ハイエンドに挑戦しない人にも恩恵があるわけで、個人的には、この点でハイエンドコンテンツは評価しています。

 

ただ、聖守護者に関しては、ホントに出来る人と出来ない人の線引きを大きくしてしまったと感じています。特にスコルパイドね。

 

スコルパイドは現在主流の構成が、まものつかいのHPリンクを使用する構成。死ぬ時は、2人同時に死んでしまうという戦い方が、バトルがあまり得意でない人には行きづらい環境を作ってしまっている(運営がどういう構成を想定していたのかは知りません)。

 

また、どちらの聖守護者も報酬が「ドレア要素の羽根」とイマイチぱっとしない「聖守護者の指輪」。元から、ハイエンドに挑戦する人は一部で、かつ最弱でもやや強すぎる為に更にやる人がいなくなる。そして、周回要素も薄い…。どんどんと参画人数が減る一方である。

 

報酬がショボイと1回倒して終わりになってしまうのは、イーギュアやキラークリムゾン、バトルルネッサンスで証明されてると思うんですが…。

 

【聖守護者第3弾に期待すること】

①最弱のⅠはもう少し難易度を下げる。メイブのⅢくらいの難易度でよい。

②少しでも、取ってみようかなと思わせる報酬を追加する。

(ダークアイくらいの性能でいいと思います)

③逆に最強はこのまま強くてよい。

 

オンラインゲームは人がいてこそって側面があります。聖守護者に限らず、追加するコンテンツは、なるべく多くの人が参画できるような調整にして欲しいと心から思います。

 

フレ欄が黒く埋まっていく姿はもう見たくない…

 

 


ドラゴンクエストXランキング

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO